ドイツのボート登録


すべての国籍の方


ドイツのボート登録
から995ユーロ
  • 世界中で有効
  • すべての国籍で利用可能
  • 検査は必要ありません(24メートル未満)
  • 迅速な3-5週間のサービス
  • 年間ボート税なし
  • 公式旗登録
  • すべての翻訳が含まれています
  • 隠れた料金なし–オールインクルーシブ価格
  • MOUリストで11位
  • 登録は生涯有効です!
  • プライベート、裸傭船、商業用

ドイツのボート登録–ドイツの旗の下であなたのヨットを登録してください

ドイツのボート登録簿は、世界で最も優れたものの1つと見なされており、船舶のポートステートコントロール(MOU)に関するパリの覚書の下で11位にランクされています。ドイツの旗の下にある商船の平均年齢は、世界で最も低いものの1つです。

私たちは、ドイツの旗の下で彼らの船のヨットを登録するためにボートを所有しているEUの民間人またはEUの会社を登録することができます。ドイツの旗法に基づいてドイツ海事登録簿にヨットを登録するには、EUの個人またはEU加盟国に居住するEUの会社のいずれかが、ドイツの地域旗代理店を任命する必要があります。任命される必要のある地域旗代理人は、船籍の管轄区域および地区に居住するドイツ市民である必要があり、いわゆる正直な人物である必要があります。

私たちはあなたのためにこれを世話します!

ドイツ国旗の下で登録できるボートの種類は何ですか?
あなたは私用、裸傭船または商業用にドイツであなたの船を登録することができます。

ドイツ国旗の登録はどのくらい有効ですか?
ドイツの旗の登録はボートの寿命の間有効です!

ドイツの旗の下であなたのボートを登録するのにどれくらいの費用がかかりますか?

  • 航海ヨットの登録登録€393、-
  • 船のトン数証明書の準備のための連邦海事水路庁(BSH)€250、-
  • 船籍-船の価値に基づいて計算される船級の料金海事登録____ +€25、-
  • 私たちはすべての事務処理、書類の記入を処理し、995ユーロの1回限りの料金であなたの地元の代理人となる地元の登録ドイツ法律事務所を提供します-あなたは私たちのサービス料金に加えて上記の政府料金を支払います。

ドイツのMMSI無線ライセンスを取得するにはいくらかかりますか?
ラジオ、MMSIライセンスを要求するためのすべての(ドイツ語)文書を処理できます。私たちは250ユーロの料金を請求します-(すべての政府料金を含む)そしてあなたのボート登録でまたはそれだけでMMSIライセンスを提供することができます。

ドイツでボートを登録した後の年間更新料はいくらですか?ドイツの旗の下であなたのボートを登録した後、年会費はありません!

ドイツの旗の下で登録するのにどれくらい時間がかかりますか?
通常、船籍証明書の取得には3〜5週間程度かかりますが、緊急の場合、ハンブルクでは、船籍申請が整然と行われたことを確認するため、直ちに裁判所から英語の仮登録証明書が発行される可能性があります。ヨットはまもなく船籍に登録されます。この証明書により、お客様は、みなし仮登録に基づいて、すでにヨットを使用することができます。

ドイツの旗の下にある船舶の安全要件はありますか?
ドイツ国旗を掲げるレクリエーション船が必要とする安全要件は、船の用途によって異なります。

  • 個人的に使用する場合-証明書は必要ありません
  • 裸傭船契約者として雇用する場合は、ボート証明書(「Bootszeugnis」)が必要です
  • 商業的に使用する場合は、「レクリエーションクラフトの安全証明書」と「安全な人員配置証明書」が必要です。

ドイツのボート登録にはどの書類が必要ですか?

  • UBOの身分証明書のコピー(UBO =ボートの最終所有者)
  • UBOからの公共料金のコピー。請求書または手紙には、身分証明書にも記載されている住所が記載されている必要があります。
  • ヨットに関連する事前登録または非登録証明書からの現在の船籍書類およびキャンセル証明書。
  • 私たちが登録を処理するための成年後見制度(私たちはあなたにこれを提供します)
  • ヨットの適合宣言とCE証明書(コピーはOK)
  • ビルダーの証明書(コピーはOKです)
  • ヨットの写真2枚:ヨットの側面1枚と船尾1枚(実際の写真)
  • ヨットの価値(最後に支払われた購入価格)。
  • クライアントの詳細、ボートの詳細(メーカー、タイプ、出力、建造年、エンジン番号、長さなど)が記載された申し込みフォーム。
  • 私たちのKYCフォーム(あなたのクライアントを知っている)アンケート(私たちはあなたにこれを提供します)
  • 船舶を所有するEU企業の場合:外国企業の公証およびアポスティーユされた企業文書(設立証明書、覚書および定款、良好な地位の証明書)